ニキビの治し方

背中のニキビの治し方

背中の状態というのは、普段はあまり気にしない方も多いのではないでしょうか。
直接見ることは出来ないですし、体が柔らかくないと手で全体を触ることもできないので、つい背中のケアは怠ってしまいますよね。
しかし、背中は顔のTゾーンと同じく皮脂腺がとても多いので、皮脂の分泌量も多く毛穴の詰まりが起こりやすいのです。
しかも背中の皮膚は顔より厚いので、角栓ができやすくニキビがいつの間にか出来ていたりします。
そうは言っても、何らかの症状が出ない限り背中をチェックすることも少ないですから、気がついたらニキビは治っていたけどニキビ跡で汚くなっていたなんてことになりかねません。

 

背中のニキビ跡だってきちんとケアすれば治ります

 

ただでさえケアしづらい背中にニキビ跡が出来てしまったら絶望的ですね。
ですが、顔などのニキビ跡と同様で、背中のニキビ跡だってきちんとケアすれば治ります。
それに背中は皮膚が厚いので、ニキビの炎症が真皮層より奥まで広がることはほとんどないため、クレーターやケロイド状のニキビ跡はできません。
多くの場合、赤みか色素沈着なので、きちんとケアして綺麗な背中を取り戻しましょう。

 

薬用成分や美白成分を使うのがもっとも効果的

 

背中のニキビ跡のケアは、丁寧に洗ったり保湿ケアをするのも大事ですが、薬用成分や美白成分を使うのがもっとも効果的です。
炎症を沈める抗炎症作用、アクネ菌を除去する殺菌作用、メラニンを排出する美白作用、乾燥によるターンオーバーの低下を防ぐための保湿作用を持つ成分を使ってケアするのが、背中ニキビ跡改善の近道です。
ニキビ跡に効く成分はいろいろありますが、殺菌作用があって、さらに炎症を抑えて赤みを解消してくれる効果があるグリチル酸2Kは、皮膚科のニキビ跡治療でも使われています。
メラニン色素を除去する効果とともにターンオーバーも促進してくれる水溶性プラセンタは、角質層の奥まで浸透するので保湿効果にも優れています。
もちろん、メラニン色素還元作用やコラーゲンの生成の促進、皮脂の分泌を抑制するビタミンCも効果的です。

 

ニキビの治し方

 

背中のニキビ跡をケアするというと、特別な成分が必要なのではと思うかもしれませんが、基本的には顔のニキビ跡をケアする成分と同じものを使えば大丈夫です。
ただし、背中は皮膚が厚いので、ケアする化粧品は浸透力の高いものを選びましょう。
また背中の皮膚がごわついたり硬くなっていると成分の浸透が妨げられてしまうので、ピーリングを定期的に行うのも効果的です。
背中のニキビ跡はケアしにくいですが、しっかりケアをすれば改善できますから、毎日の習慣にして綺麗な背中を目指しましょう。